金万徳(キム・マンドク)/朝鮮王朝美女物語5

済州島(チェジュド)の貧しい家に生まれた金万徳(キム・マンドク)は、優しい両親と弟に囲まれ、幸せに暮らしていた。しかし、12歳の時に両親は他界。残された姉弟は、別々の家で小間使いとして暮らすことになった。金万徳はどのような人生を歩んだのでしょうか。

金万徳が興した事業

15歳になった金万徳は美しい娘に成長し、やがて済州島で妓生(キーセン)になる。美しい容姿の彼女は、訪れる役人たちが先を争って指名するほどの人気を集めた。
妓生生活で給金を貯めた金万徳は、離れて暮らす弟を引き取り、事業を興す準備を始めた。彼女は、妓生時代に、本土の金持ちは健康長寿のためなら高い金も惜しまないと聞いていて、漢方薬の商売を始めようと考えた。そこで目を付けたのは、済州島の漢拏山(ハルナサン)に多く生息する鹿。当時、“鹿の角”は高価な漢方薬の素材として知られていた。




金万徳の予想はみごと的中。彼女はさらに事業を拡大し、“薬草栽培”“材木の売買”“海産物の貿易”に手を伸ばし、大金持ちとなった。(ページ2に続く)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2

敬恵(キョンヘ)王女/朝鮮王朝美女物語3

張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女物語4



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る