粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)をぜひ王妃にしたかった!

 

朝鮮王朝の27人の国王の中で、とりわけわがままだったのが19代王の粛宗(スクチョン)だ。彼は仁顕(イニョン)王后という正室がいたのに、側室の張禧嬪(チャン・ヒビン)を王妃にしたくて仕方がなかった。その結果、王宮は大混乱に陥ったのだが……。

写真=植村誠




粛宗の焦り

19代王・粛宗(スクチョン)が張禧嬪に出会ったのは1680年だった、と言われている。張禧嬪は通訳官の親戚というコネで王宮に入ってきた女官である。絶世の美女だったことは間違いないので、艶福家の粛宗は一目で気に入った。
王が女官を気に入って一晩共にすることを承恩(スンウン)と言う。張禧嬪も承恩を受けた。
しかし、すぐに側室になれるわけではない。側室というのは、王妃候補だった女性から選ばれる場合が多いのである。
つまり、王妃選抜の過程で洩れた女性が側室になるというわけだ。よほど家柄がよくないと側室にはなれない。
張禧嬪が正式に側室の品階を得たのは1686年頃なので、粛宗と出会ってから6年くらいかかっている。もし、張禧嬪が粛宗の息子を早く産んでいればすぐ側室になれたのだろうが……。
当時の粛宗には娘が何人もいたが、息子はいなかった。粛宗は大変焦りを感じていた。
「朝鮮王朝実録」を読むと、「後継ぎがいないので夜も眠れないくらい心配だ」と粛宗が語る場面が出てくる。





粛宗の最初の正室は仁敬(インギョン)王后だが、1680年に亡くなっている。その翌年、二番目の正室として王宮に入ったのが仁顕(イニョン)王后である。
仁顕王后は病弱だったこともあり、粛宗との間には子供はできていない。それで、なおさら粛宗の心配が募ったのだ。
(ページ2に続く)

トンイと争った張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯(前編)

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

粛宗(スクチョン)が激怒した張禧嬪(チャン・ヒビン)の母親侮辱事件!

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子を後継者にしたかった!

イニョン王妃の悲劇!チャン・ヒビンを愛した粛宗(スクチョン)は何をした?




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る