イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の妻の孝懿(ヒョイ)王后とは誰か?

 

ドラマ『イ・サン』は、朝鮮王朝後期の名君と讃えられた22代王・正祖(チョンジョ/在位は1776~1800年)の一代記だが、同時に、王を取り巻く女性の立場を明確に見せてくれた作品であった。その中で、特に興味深かったのが妻の孝懿(ヒョイ)王后だった。

9歳で結婚

ドラマ『イ・サン』は、イ・サン(後の正祖)の父の思悼世子(サドセジャ)が、英祖(ヨンジョ/在位は1724~1776年)の怒りを買って米びつに閉じ込められている場面から始まる。結局、思悼世子は餓死してしまい、イ・サンが世子(セジャ/王の後継者)になっていく。
史実でいえば、思悼世子が亡くなったのは1762年でイ・サンは10歳だった。この年に彼は結婚して妻がいた。後の孝懿王后である。
彼女は9歳だった。




その当時、庶民は10代後半に結婚するのが一般的だったが、王族の男子の場合は10歳頃に妻をもらうのが当たり前だった。そういう意味では、イ・サンの結婚も王家の常識に沿っていた。
ただし、肉体的に成熟していないので、形だけの夫婦と言っていい。
イ・サンが即位して正祖になったのは1776年だった。
それにともなって彼の妻は孝懿王后となった。
(ページ2に続く)




名君だった22代王・正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝国王列伝22

危篤になる前のイ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は何を語ったか

朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

〔物語〕イ・サンは本当に毒殺されたのか

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る