〔物語〕イ・サンは本当に毒殺されたのか

 

朝鮮王朝の22代王・正祖(チョンジョ)は、ハングルを創製した聖君・世宗(セジョン)と並ぶほどの名君と評価されている。何よりも、頭脳明晰で学者顔負けの博識だった。彼はドラマ『イ・サン』の主人公としてもよく知られている。

ドラマになかった毒殺説

韓国で歴史好きな人は「正祖は毒殺されたのではないか?」と思っているのだが、ドラマ『イ・サン』では正祖の毒殺説がまったく出てこなかった。




それは、イ・ビョンフン監督の意向が優先されたからだ。物語の最後に正祖が毒殺される場面を持ってくると、ドラマ全体の印象が暗くなるので、あえてイ・ビョンフン監督は毒殺説に触れなかった。
しかし、現実的に正祖が毒殺された可能性はきわめて高い。
そのあたりの事情を見てみよう。(ページ2に続く)

危篤になる前のイ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は何を語ったか

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

巨悪だった貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝悪女列伝6

〔物語〕もし思悼世子(サドセジャ)が現代に甦ったら何を語る?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る