非道なクーデターだった癸酉靖難(ケユジョンナン)とは何か

 

金宗瑞(キム・ジョンソ)は4代王・世宗(セジョン)の統治時代に活躍した重臣だ。豪快な性格と毅然とした態度から、人々は彼を“大虎(テホ)”と呼んだ。6代王の端宗(タンジョン)がわずか11歳で即位したとき、最強の後見人になったのが、この金宗瑞だったのだが……。

王をおどした叔父

端宗が1452年に即位すると、世宗の二男で端宗の叔父であった首陽大君(スヤンテグン)は、露骨に王位を狙い始めた。
彼はついに決起した。屈強な従者を引き連れて、まずは金宗瑞の屋敷に向かった。
そして、首陽大君は金宗瑞の油断を誘い、隙を見せたところで従者に鉄槌で襲わせた。不意をつかれた金宗瑞は、なすすべもなく地面に倒れ込んだ。異変を察知した金宗瑞の息子の金承珪(キム・スンギュ)は、父を守ろうとして覆いかぶさった。しかし従者は、金承珪ごと刀で切りつけた。
こうして、金宗瑞は暗殺され、もはや首陽大君を止められる者は、誰もいなくなってしまった。
最大の難敵を排除した首陽大君は、その足で何も知らない端宗(タンジョン)のもとへ向かった。




そして、端宗の眼前で首陽大君は「金宗瑞は権力を利用して私腹を肥やしていた重罪人なので殺害しました」と報告した。
さらに、「他にも処刑しなければならない者がいます」と告げ、強引に端宗の許可を仰いだ。
(ページ2に続く)

非道な7代王・世祖(セジョ)/朝鮮王朝国王列伝7

首陽大君(スヤンデグン)が起こした癸酉靖難(ケユジョンナン)とは何か

首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)はなぜ政変を起こしたのか

世渡り上手で大出世した韓明澮(ハン・ミョンフェ)!

端宗(タンジョン)の哀しい最期!朝鮮王朝五大悲劇1




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る