首陽大君(スヤンデグン)が起こした癸酉靖難(ケユジョンナン)とは何か

 

1452年、5代王の文宗(ムンジョン)が亡くなった。まだ11歳だった長男の端宗(タンジョン)が6代王として即位することになり、野心家たちのくすぶっていた権力欲に火がついてしまった。

写真=植村誠



野心家たちが集まる

宮中では幼い端宗を籠絡しようと水面下での権力闘争が繰り広げられた。そんな宮中で、ひときわ強い存在感を放っていたのが端宗の叔父にあたる首陽大君(スヤンデグン)だ。彼は4代王・世宗(セジョン)の二男であり、文宗の弟である。
首陽大君は自分を取り巻く環境に大きな不満を感じていた。それは、世宗の意思を守る高官たち……皇甫仁(ファンボ・イン)、金宗瑞(キム・ジョンソ)たちが強い権力を持ち、首陽大君は不穏分子とし徹底的に監視されていたからだ。
「なぜ王族である俺が官僚たちの顔色をうかがわねばならないんだ。この屈辱は絶対に晴らしてやる」
首陽は政権を奪う機会を待っていた。
そんなある日、野心に燃える首陽大君の前に権擥(クォン・ナム)が現れた。彼も一部の高官たちばかりが強大な権力を握っていることに不満を抱いていた。





「今の王室は歪んでおります。王がお飾りとなり、邪悪な者たちが政治を取り仕切るなど言語道断でございます。我が国の玉座には首陽大君様こそがふさわしいかと存じます」
権擥の狡猾さが首陽大君は気に入った。
首陽大君は権擥が持ちだしたクーデターの計画に耳を傾けていく。
(ページ2に続く)

悲劇的な6代王・端宗(タンジョン)/朝鮮王朝国王列伝6

首陽(スヤン)大君の反乱!激動の朝鮮王朝史3

非道な7代王・世祖(セジョ)/朝鮮王朝国王列伝7

世渡り上手で大出世した韓明澮(ハン・ミョンフェ)!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る