イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)が父に出した反省文は逆効果になった!

 

1735年に生まれたイ・ソン。彼は世子(セジャ)として甘やかされて育ったのだが、10歳のときに早くも政治の表舞台に出て老論派の政治手法を厳しく批判した。老論派といえば当時の主流派閥。イ・ソンは大きな敵を作ってしまった。

イ・ソンの素行

21代王の英祖(ヨンジョ)の王命によって息子のイ・ソンが政治の一部を仕切るようになったのは14歳のときだった。このとき、陰でイ・ソンを邪魔したのが老論派の重臣たちである。
こうした批判勢力はイ・ソンの悪評を英祖の耳に入れた。
確かに、イ・ソンは素行が良くなかった。頭脳は天才的なのだが、10代で酒に溺れ、側近にも暴力をふるった。





それを利用して、老論派はイ・ソンの行状をさらに歪めて報告し、英祖が息子に不信感を持つように仕組んだ。
英祖はイ・ソンを呼んで叱責した。それがまた父子の確執を生んでしまった。
ただ、イ・ソン自身も反省していなかったわけではない。
彼は世子としての自分の立場を十分に自覚し、1757年、22歳のときに反省文を提出した。(ページ2に続く)

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)は夫婦仲が悪かった!

「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)は悲劇の親子!

〔物語〕もし思悼世子(サドセジャ)が現代に甦ったら何を語る?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る