イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)は夫婦仲が悪かった!

 

餓死したあとに思悼世子(サドセジャ)と呼ばれるようになったイ・ソン。彼の妻は、後に高官となった洪鳳漢(ホン・ボンハン)の娘であった恵慶宮(ヘギョングン)だった。イ・ソンと恵慶宮はどんな夫婦であったのか。

息子はイ・サン

イ・ソンと恵慶宮はともに1735年に生まれた。
2人は9歳のときに結婚した。
このとき、21代王・英祖(ヨンジョ)の息子だったイ・ソンは世子(セジャ)になっていた。つまり、恵慶宮は結婚した時点で次の王妃が約束されていたのだ。
イ・ソンと恵慶宮の間に最初の子供が生まれたのは、2人が15歳のときだった。



誕生したのは長男で懿昭(ウィソ)と命名された。
この子もいずれは王になる運命を持っていたはずなのだが、わずか3歳で病死してしまった。
夫婦の落胆は尋常ではなかった。
それも当然なのだが、終わる命があれば、始まる命もあった。長男が世を去った年に二男が生まれた。
その男の子が、後の22代王・正祖(チョンジョ)である。よく知られているように、ドラマ『イ・サン』の主人公だ。
結局、二男の下にも2人の娘が生まれた。イ・ソンと恵慶宮の夫婦は二男二女をさずかったのである。(ページ2に続く)

「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)は悲劇の親子!

英祖(ヨンジョ)の生涯1/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたのか

〔物語〕もし思悼世子(サドセジャ)が現代に甦ったら何を語る?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る