「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

 

朝鮮王朝の王家の中でイ・ソンといえば、思悼世子(サドセジャ)のことだ。史実においては、彼の悲劇的な最期があまりに有名だ(思悼世子については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。





謀反を告発された世子

イ・ソンは1735年に英祖(ヨンジョ)の二男として生まれた。英祖の長男は幼いときに亡くなっていたので、イ・ソンが世子となった。
イ・ソンはとても賢い子供であったが、10歳のときに老論派の政治手法を批判してしまった。当時の老論派は英祖を支える主流派閥で、イ・ソンは早くも敵を多く作ってしまったのだ。
イ・ソンは10代の半ばから政治の一部を仕切るようになったが、老論派の重臣たちが何かと抵抗した。
彼らは、イ・ソンの悪評を英祖の耳に入れた。
確かに、イ・ソンにも素行が悪い面があった。酒乱だったし、家臣に暴力をふるうことも多かった。
英祖はイ・ソンを呼んで叱責した。やがて、老論派によってイ・ソンの悪評を吹聴されていた英祖は、イ・ソンに強い不信感を持った。




王宮に激震が走ったのは、1762年5月22日だった。
イ・ソンが住む東宮の下級官僚が「世子が謀反をたくらんでいます」と告発してきたのである。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)は悲劇の親子!

〔物語〕もし思悼世子(サドセジャ)が現代に甦ったら何を語る?

〔物語〕もし英祖(ヨンジョ)が現代に甦ったら何を語る?

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る