英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)は悲劇の親子!

 

21代王の英祖(ヨンジョ)は、27人の王の中で一番長生きした王として知られている。しかし、彼と息子の思悼世子(サドセジャ)の親子関係は険悪だった。いったい2人の間に何があったのだろうか。

21代王・英祖の肖像画

米びつに閉じ込められた荘献

英祖の最初の正妻は貞聖(チョンソン)王后だったが、2人の間に子供は生まれなかった。
その一方で、英祖には孝章(ヒョジャン)と荘献(チャンホン)という側室が産んだ息子がいた。しかし、長男の孝章はわずか9歳という若さで亡くなってしまうが、二男の荘献(チャンホン)は、10歳で政治の一部を代行できるほど聡明な息子として成長した。




その際にいくつかの政治を批判してしまい、高官たちから警戒されてしまう。さらに、荘献は酒癖が悪かったうえに、自分の側室を殺してしまうなどの問題を起こしていた。
高官たちは荘献を陥れるために、彼の行動を父親の英祖に何度も報告した。そういった報告が何度もあったことで、英祖もついに我慢の限界が来た。彼は、自分の息子である荘献に対して、自害するように命じた。
一方の荘献は、何度も謝罪を繰り返すだけで自害しようとはしなかったため、英祖は配下の者に命じて米びつを持ってこさせて、息子をその中に閉じ込めた。そして、絶対に米びつを開けることを許さなかった。(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

〔物語〕もし英祖(ヨンジョ)が現代に甦ったら何を語る?

〔物語〕もし思悼世子(サドセジャ)が現代に甦ったら何を語る?

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る