中宗(チュンジョン)のコンプレックスだらけの王座!

 

1506年にクーデターで暴君の燕山君(ヨンサングン)を王宮から追放した高官たちは、燕山君の異母弟を次の王位に指名した。それが11代王の中宗(チュンジョン)だった。そんな経緯があったので、中宗はクーデターを成功させた高官たちに頭が上がらない王であった。

理想主義に燃えた儒学者

中宗の悩みは深かった。
なにしろ、クーデターを成功させた高官たちの言いなりになるしかなかったからだ。
そんな情けない王であった中宗がすがったのが士林(サリン)派の官僚たちだった。
この士林派は燕山君(ヨンサングン)時代に弾圧を受けて勢力が衰えていた。しかし、中宗は彼らを復権させて自分の強力な側近にしようとした。この点では、中宗も自分で権力をふるいたいという欲があったのだ。それは、高官たちに頭が上がらないというコンプレックスの裏返しだった。





中宗が士林派の中でも特に目をかけたのが趙光祖(チョ・グァンジョ)である。
彼は理想主義に燃えた儒学者。民を統治する王の心構えを中宗に真剣に説いた。その理念に魅了された中宗は、ますます趙光祖を信任するようになっていった。
そんな趙光祖は、クーデターを成功させた高官たちについて「必要以上に恩恵を受けすぎている」と攻撃した。
それに対し、高官たちの反発が強まった。(ページ2に続く)

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

中宗(チュンジョン)が燕山君(ヨンサングン)に代わって王になった日!

燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る