朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

 

1506年9月1日、暴政を繰り返した燕山君(ヨンサングン)を追放するためのクーデターが起こった。実行部隊が最初に向かったのは、燕山君の異母弟にあたる中宗(チュンジョン/即位までは晋城大君〔チンソンデグン〕と呼ばれた)の屋敷だった(中宗については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。

夫人に救われた中宗

クーデター軍が中宗の屋敷に行ったのは、新しい王になってもらうためである。しかし、事情を知らなかった中宗は、兵士が押しかけてきて仰天した。
「命が危ない」
中宗は覚悟した。彼は、自分を殺すために燕山君が送り込んできた兵士たちだと錯覚してしまった。
「もはや、これまでか」




中宗は自決しようとした。しかし、必死に止めたのが夫人の慎(シン)氏だった。彼女は、兵士たちの様子から燕山君の配下の者でないと悟っていた。
夫人に命を救われた中宗は、挙兵の目的を知って安堵した。しかし、自分が王になることには拒否反応を示した。臆病な彼は、異母兄に取って代わることが怖かったのだ。中宗はそんな性格だった。
一方、クーデター派の主力部隊は王宮に侵入して燕山君をつかまえた。人望がなかった彼は、護衛兵に見捨てられていたのだ。
こうしてクーデターは成功し、燕山君は島流しとなり、わずか2カ月後に病死した(毒殺されたという説もある)。(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

中宗(チュンジョン)が燕山君(ヨンサングン)に代わって王になった日!

文定(ムンジョン)王后が継母だったことが仁宗(インジョン)の悲劇!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る