燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5

 

9代王の成宗は、1485年に「経国大典」を完成させる。これは、朝鮮王朝の基本法典になった重要な法律書だ。成宗の功績は大変大きいと言える。その長男が悪名高い10代王の燕山君(ヨンサングン)である。

姉の復讐

燕山君は最初こそ善政を行なうが、途中からおかしくなって酒池肉林に明け暮れて、さらに、気に入らない官僚たちを虐殺してしまう。
ここまで暴政がひどくなると、王朝の存続にかかわる。
「こんな王様じゃダメだ」
そう危機感をもった者たちが1506年にクーデターを計画した。
クーデターの中心人物が朴元宗(パク・ウォンジョン)だ。彼の姉は成宗の兄であった月山(ウォルサン)大君の妻だった。美貌で知られた女性だが、なんと燕山君が犯してしまったのである。その結果、月山大君の妻は自決してしまう。




あまりに悲しい出来事だった。月山大君といえば、燕山君の伯父である。その妻を辱めるというのは言語道断だ。
こんな男が長く王位に留まれるわけがない。
特に、朴元宗は月山大君の妻の弟だったから、姉の復讐を果たすためにも、クーデターを成功させなければならなかった。(ページ2に続く)

長今(チャングム)の登場!激動の朝鮮王朝史6

首陽(スヤン)大君の反乱!激動の朝鮮王朝史3

非道な王位強奪事件!激動の朝鮮王朝史4




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る