燕山君(ヨンサングン)の側室だった張緑水(チャン・ノクス)の最期は?

 

朝鮮王朝三大悪女の一人に数えられる張緑水(チャン・ノクス)。彼女は韓国時代劇にもよく登場しているが、その人生はどのようなものだったのだろうか。燕山君の側室になっていく過程とその後を追ってみよう。





成り上がった女性

張緑水(チャン・ノクス)は貧しい家で生まれ育った。
成人したあと、王族の屋敷で働く奴婢(ぬひ)と結婚して息子も産んでいた。しかし、夫と息子を置いて家出して妓生(キセン)となった。成り上がりたい、という自らの欲望を叶えるためだった。
張緑水には、不思議なほど妖艶な色気があった。
妓生になった張緑水は30歳を過ぎていたが、10代に間違えられることもあったという。朝鮮王朝10代王の燕山君(ヨンサングン)は、そんな張緑水が気に入って、さっそく宮中に招き入れた。
その結果、張緑水は燕山君の側室となった。
すると、張緑水は、宮中でさまざまな無礼を働いた。




王家の女性たちは「妓生あがりは下品すぎる」と眉をひそめるが、張緑水は「上品ぶっても人間はひとかわむけばみんな下品」とばかりに悟りきった表情で屈託がない。さらに、張緑水をつけあがらせていたのが、暴政を行なう燕山君という存在だった。
(ページ2に続く)

史上最悪の暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝国王列伝10

燕山君(ヨンサングン)はどれだけひどい暴君だったのか

燕山君の暴政はどれだけ酷かったのか

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る