首陽大君(スヤンデグン)は弟の安平大君(アンピョンデグン)を悪意で死罪にした!

 

甥の端宗(タンジョン)から王位を強奪しようとした首陽大君(スヤンデグン)は、1453年に端宗の後見人だった金宗瑞(キム・ジョンソ)を襲撃して彼を排除した。それが、朝鮮半島の全土を震えあがらせた癸酉靖難(ケユジョンナン)の始まりだった。





偽りの王命

首陽大君の側近たちは都のすべての城門を占領したうえで、首領である首陽大君を迎えた。
首陽大君は彼らを連れて宮廷に入った。「金宗瑞さえ抹殺すれば残党を恐れることはない」と言った首陽大君の話の通りとなった。
首陽大君は端宗に対してこう報告した。
「安平大君(アンピョンデグン/首陽大君の弟)と金宗瑞が共謀して反逆をたくらんでいることを突き止めましたが、ことを急ぐゆえ、主上(チュサン/王のこと)に申し上げることができず、首謀者の金宗瑞をまず誅殺しました」
さらに、首陽大君は付け加えた。
「これから主上を助けて、残党を成敗します」




そのように宣言したあとで王宮を占領して、偽りの王命で大臣たちを呼び寄せた。
理由も知らずに慌てて王宮に参内した大臣たちの中で、金宗瑞の同志だった皇甫仁(ファンボ・イン)や他の有力な高官たちはその場で殴り殺された。
(ページ2に続く)

決起した首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)は何をしたか

首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)はなぜ政変を起こしたのか

首陽大君(スヤンデグン)が起こした癸酉靖難(ケユジョンナン)とは何か

朝鮮王朝実録を読む2/「首陽大君の反乱」と「死六臣」

端宗(タンジョン)の哀しい最期!朝鮮王朝五大悲劇1



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る