「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

 

一般的に「朝鮮王朝三大悪女」と言われているのは、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人だ。しかし、朝鮮王朝時代には権力を握った巨悪がまだいたのだ。それは誰なのか?

3人の悪女たち

張緑水は、10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室として暴君に悪行をけしかけたことで知られる。王朝の財宝を私的に持ち出すという強欲ぶりも見せて、燕山君がクーデターで王座を追われたあとには斬首になっている。彼女の遺体に庶民が石を投げてすぐに石塚ができたというから、よほど人々から憎まれていたのだろう。
鄭蘭貞は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正妻だった文定(ムンジョン)王后の側近として王宮内で陰謀をめぐらせた女性で、ドラマ『女人天下』の主人公にもなっていた。このドラマではカン・スヨンが鄭蘭貞を演じていたが、12代王・仁宗(インジョン)の毒殺にも関わっていたという露骨な描き方だった。




張禧嬪は、19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛された側室で、王妃を呪い殺そうとした罪に問われて最後は死罪になっている。
ただし、美貌と欲望で一度は正室にまでのぼりつめた数奇な運命がとても興味深いようで、“韓国時代劇の永遠の悪役ヒロイン”と呼ばれるほどドラマや映画にひっぱりだこのキャラクターになっている。(ページ2に続く)

極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

性悪の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝悪女列伝4

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5

巨悪だった貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝悪女列伝6



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る