「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

彼女こそ巨悪

先に紹介した3人が朝鮮王朝でも悪女の代名詞になっているのだが、彼女たちは低い身分から必死に成り上がろうとした結果として悪評を受け、運命に翻弄された部分も強かった。むしろ、本当の“ワル”たちは権力を握る側にいたのである。
たとえば、文定王后は我が子を王にするために多くの人の命を奪っているし、21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正室だった貞純(チョンスン)王后は後にキリスト教を弾圧して悲惨な大虐殺事件を起こしている。




政治を私物化して多くの人を不幸にしたという意味では、長い朝鮮王朝の歴史における真の悪女は、文定王后と貞純王后の2人である。特に、自分が産んだ息子を王にするために継子の12代王・仁宗(インジョン)を毒殺した文定王后の罪は大きい。彼女こそが、朝鮮王朝で一番の悪女に違いない。
それにしても、韓国のドラマを見ていてつくづく思うのは、「韓国の人たちは悪女もののドラマが好きなんだなあ」ということだ。時代劇でも現代劇でも次々に悪女が出てきて、痛快なほど男を手玉に取っている。まさに、肩書が幅をきかせる男社会に対する強烈な風刺になっているように思える。

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

ホン・ラオンの父と設定された洪景来(ホン・ギョンネ)は誰か?

〔物語〕イ・ヨン(孝明世子)はどのように亡くなったのか



ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る