「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

彼女こそ巨悪

先に紹介した3人が朝鮮王朝でも悪女の代名詞になっているのだが、彼女たちは低い身分から必死に成り上がろうとした結果として悪評を受け、運命に翻弄された部分も強かった。むしろ、本当の“ワル”たちは権力を握る側にいたのである。
その巨悪で最初に取り上げたいのが文定(ムンジョン)王后〔1501~1565年〕。
11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正妻である。
我が子を王位に就かせるため、中宗の先妻の息子だった12代王・仁宗(インジョン)の暗殺を何度も狙った。
実際、仁宗は不可解な急死を遂げているが、文定王后が自らの手で毒殺した疑いがきわめて高い。
その末に、我が子が13代王・明宗(ミョンジョン)として即位すると、文定王后は権力を独占し、賄賂を横行させた。




庶民の怒りは凄まじかったが、文定王后は力で抑圧した。
文定王后が政治を仕切った16世紀中盤には干ばつがあまりに多かった。
餓死者が続出したのだが、文定王后は悪政を続けて見殺しにした。
その一方で、自分の一族で富を独占した。文定王后によって、朝鮮王朝はどれほど不幸に陥ったことか。
その責任は本当に大きい。
(ページ3に続く)

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行



ページ:
1

2

3 4

関連記事

ページ上部へ戻る