〔物語〕張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

 

19代王・粛宗(スクチョン)は絶世の美女と評された張禧嬪(チャン・ヒビン)のとりこになり、彼女を側室にした。そして、張禧嬪は粛宗の長男を出産した。そうなると、粛宗は正室の仁顕(イニョン)王后を離縁する方向で動き始めた。

妬みがひどくなった

1689年4月21日、粛宗は高官たちを前にしてこう語った。
「中宮(チュングン/王妃のこと)は妬(ねた)みが強すぎるのだ。張禧嬪が側室になったときから中宮の妬みがひどくなって、余は閉口するばかりだ」
顔を曇らせた粛宗は、さらに言った。




「婦人の妬みというのは昔からあることだが、中宮のような人間は古今を通しても、そんなにいるものではない」
その言葉を聞いて、高官の1人が言った。
「臣下の者たちは中宮様を母のように仰いでおり、そのようなお言葉を賜ってどうして心を穏やかにしていられましょうか」(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

https://goo.gl/s9TzjY

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

https://goo.gl/MhzjtJ

仁顕(イニョン)王后!一度は廃妃になった悲劇の王妃

https://goo.gl/ao1HCA



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る