仁祖の息子の孝宗(ヒョジョン)と孫の顕宗(ヒョンジョン)はどんな王だった?

心労が多かった顕宗

1659年に即位した18代王・顕宗は、当初は祖父と父の遺志を継いで清に対抗するつもりだった。
しかし、それどころではない事情ができた。それは、王妃の服喪期間に端を発する“党争”が起こったからである。
仁祖の時代から、官僚の中で西人(ソイン)派が主導権を取っていたが、やがて対抗勢力として南人(ナミン)派も力を付けていき、顕宗が即位した後には西人派と南人派が拮抗(きっこう)するようになった。




両派閥は、儒教を国教としている朝鮮王朝が取るべき学説について、観念的な論争を繰り返した。
特に王妃が亡くなった場合の服喪期間の長さをめぐって激しい応酬があり、その論争は一触即発の危機を生んだ。
顕宗は気苦労が絶えが、1674年に33歳で世を去った。心労が命を縮めたと言われている。
その顕宗の次に王位に上がったのは、顕宗の一人息子の粛宗(スク)(チョン)だった。彼は張禧嬪(チャン・ヒビン)を描いたドラマにかならず出てくる王として名を知られている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

仁祖(インジョ)は王子のときに綾陽君(ヌンヤングン)と呼ばれた!

仁祖(インジョ)はなぜ趙氏(チョシ)をあれほど寵愛したのか

仁祖(インジョ)の屈辱を象徴する三田渡(サムジョンド)の碑!




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る