利発な貞明(チョンミョン)公主は才能豊かな女性だった

 

貞明公主の父は、14代王・宣祖(ソンジョ)である。彼の最初の正室・懿仁(ウィイン)王后は1600年に亡くなり、仁穆(インモク)王后を継妃として迎えた。その仁穆王后が1603年に産んだのが貞明公主だ。

ドラマ『華政』は貞明公主が自ら記した「書」をタイトルに使っている

幽閉された2人

宣祖が1608年に世を去ったとき、貞明公主は5歳で弟の永昌(ヨンチャン)大君は2歳だった。
そして、15代王として即位したのが異母兄の光海君(クァンヘグン)である。
光海君は1575年の生まれだ。貞明公主より28歳も上だった。
貞明公主は光海君を慕っていた。しかし、王になったあとの光海君は、以前のように親しみがある兄ではなかった。




結局、光海君と側近たちは永昌大君の命を奪ってしまった。王位の安泰のためとはいえ、それはあまりに非道だった。
さらに、仁穆王后は大妃(テビ/王の母)という資格を剥奪され、貞明公主も王女から庶民に格下げとなった。そのうえ、2人は西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉された。
こんな仕打ちを受けて、仁穆王后と貞明公主が光海君を許せるわけがなかった。(ページ2に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

https://goo.gl/z5lJ1z

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

https://goo.gl/VjwFvB

解説!貞明公主はなぜ大地主になれたのか

https://goo.gl/rA1juy

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

https://goo.gl/w5ozSg




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る