『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

 

『七日の王妃』の重要な登場人物は3人だ。10代王の燕山君(ヨンサングン)と、異母弟の晋城大君(チンソンデグン/後の中宗〔チュンジョン〕)。そして、端敬(タンギョン)王后だ。ドラマの中では異母兄弟の間で激しく揺れる端敬王后だが、実際にはどういう女性だったのだろうか。





運命を変えた1506年

端敬王后は1487年に生まれた。
父は高官の慎守勤(シン・スグン)だった。
端敬王后は名門の家に生まれながら、一時は他家に出されていたことがあって、非常にしっかりした女性として育った。
9代王・成宗(ソンジョン)の二男であった晋城大君と結婚したのは1499年だ。彼女は12歳だったが、1488年に生まれた晋城大君は11歳だった。
端敬王后のほうが1歳上だった。
仲むつまじい夫婦だった2人の人生が大きく変わったのが1506年だ。
このとき、晋城大君の異母兄であった燕山君はクーデターで廃位となってしまった。燕山君はあまりに悪政を続けた暴君であったので、王宮を追放されたのは仕方がなかった。ただし、その影響は端敬王后に及んだ。
なぜなら、端敬王后の父の慎守勤は燕山君の一番の側近であり、クーデターが起こったときに真っ先に殺されたからだ。




しかも、燕山君の正室は慎守勤の妹だった。
つまり、端敬王后の叔母であった。
父を失って悲しみに暮れる端敬王后。彼女は、夫の晋城大君が11代王・中宗として即位したので、王妃となった。
しかし、素直に喜べなかった。
そんな端敬王后に、さらなる試練が襲いかかる。
クーデターを成功させた高官たちは、端敬王后が慎守勤の娘であったことを大きな問題にした。
「父を殺された王妃は、きっとクーデターを起こした者たちを恨んでいるはずだ。しかも、先王の残党たちが王妃をかついで反逆に出るともかぎらない」
高官たちはそう理由を述べて、中宗に対して端敬王后の廃妃を主張した。
もちろん、中宗は抵抗した。
彼は、自分がなりたくて王になったわけではなかった。兄に代わって王位に就くのは気が重かったのだが、高官たちに説得されて仕方なく王になったのである。




このように、臣下にかつがれて王位に上がったのに、さらに愛する妻を離縁することなど到底できない要求だった。
普通なら、王の意思は絶大で、臣下がくつがえせるものではなかった。しかし、中宗の場合は事情が違った。
彼は最終的にクーデターの高官たちに逆らうことができなかった。そこが、「祭り上げられた王」の弱さでもあった。
(ページ2に続く)

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

チマ岩の伝説のヒロイン端敬(タンギョン)王后!朝鮮王朝王妃側室物語9

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る