憎まれすぎた悪女の張緑水(チャン・ノクス)/朝鮮王朝人物実録8

 

朝鮮王朝で悪女と呼ばれた女性は何人もいるが、それぞれに悪女にならざるをえない事情を抱えていた。しかし、張緑水(チャン・ノクス)は別だ。彼女は王の側室になり、強欲なまま悪事に手を染めていった。

写真=植村誠



年齢より若く見られた張緑水

貧しい家庭に生まれた張緑水。極貧の少女時代を送ったが、やがて斉安大君(チェアンデグン〕の屋敷で働く奴婢(ぬひ/朝鮮王朝時代の最下層の身分)の妻となった。
斉安大君は9代王・成宗(ソンジョン)のいとこであり、高い品階をもっていたので、張緑水は奴婢といえども生活に困窮することはなかった。
しかし、上流階級の生活を間近に見たことで、張緑水の欲望に火がついた。彼女は一介の奴婢で終わるつもりは毛頭なかった。
張緑水は息子を産んで家を飛び出し、歌と踊りを覚えて妓生(キセン/宴席で歌と踊りを披露する女性)になった。すぐに彼女は評判になった。歌がとてもうまくて、くちびるを動かさなくても美しい声を響かせることができた。
その頃の張緑水は30歳を過ぎていたが、10代に間違えられるほど若々しかった。その噂を聞きつけたのが10代王の燕山君(ヨンサングン)だった。
彼は張緑水がとても気に入り、彼女を宮中に招き入れた。その身分を考えれば不可能なことなのに、燕山君は張緑水に「淑媛(スグォン)」という従四品の品階を与えた。




内命婦(ネミョンブ/日本でいえば大奥のこと)で従四品以上の女性というと、すなわち側室を意味している。燕山君は宮中の慣例を無視して、いきなり張緑水を側室として遇した。
すぐに張緑水は強欲ぶりをあらわにした。そんな彼女をつけあがらせていたのが、宮中で荒れ続ける燕山君だった。
当時の王室は乱れていた。張緑水を寵愛する燕山君は毎晩のように酒宴を開き、酒池肉林を繰り返した。
王の威光を利用して、張緑水も宮中でやりたい放題だった。
倉庫の財宝を勝手に自分の家に運んだり、王家が抱える金で自分の派手な装身具をつくったりした。
側近が止めるのも聞かず、張緑水は国家の富を私物化したのである。
燕山君と張緑水の浪費によって、朝鮮王朝は破産に近い状態となった。すると、燕山君は民衆に高い税金をかけ、高官たちの資産も没収しようとした。
(ページ2に続く)

傲慢で執念深い燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝人物実録9

燕山君(ヨンサングン)の側室だった張緑水(チャン・ノクス)の最期は?

燕山君(ヨンサングン)はどれだけひどい暴君だったのか

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5

仁粋(インス)大妃にとって燕山君(ヨンサングン)は最悪な孫だった!



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る