景宗(キョンジョン)と英祖(ヨンジョ)!兄弟愛で骨肉の争いを回避

 

景宗が即位

英祖の代理聴政は、少論派の反発を招いた。彼らは景宗を支持し、英祖の肩をもつ老論派と激しく対立した。
そんな状況の中、1720年6月8日に粛宗が亡くなった。彼は後継ぎを英祖にしたいという願いをもっていたが、それが大きな政変につながることをおそれて、結局は景宗の世子としての立場を変えなかった。
それによって、景宗は20代王として即位した。彼は政治的に少論派に支えられていたが、当時の政権内部で優勢だったのは老論派のほうだった。
「殿下には後継ぎがおりません。王朝の存続が危うくなるので、早く弟君を世弟(セジェ/王の後継者となる弟のこと)に冊封(さくふう/王家の重要な立場に決めること)してください」
老論派はこのように主張した。それには大義名分があったので少論派も抵抗できず、1721年8月に英祖は世弟に冊封された。




その後も老論派の攻勢が続いた。
「殿下は病弱ゆえに世弟様に代理聴政をさせてはいかがでしょうか」
このように主張して、暗に景宗の譲位を促した。
(ページ3に続く)

人格に優れていた20代王・景宗(キョンジョン)/朝鮮王朝国王列伝20

派閥争いを治めた21代王・英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝国王列伝21

英祖(ヨンジョ)は偏屈な王だった/朝鮮王朝人物実録3

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)は悲劇の親子!

英祖(ヨンジョ)の生涯1/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたのか

張禧嬪(チャン・ヒビン)が女官から王妃に奇跡的な昇格!




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る