激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)10「翻弄された人生」

心が広い女性

国王の思惑に翻弄された人生。その中で数々の苦難を経てきた貞明公主は、息子たちに
「人の過ちに寛容であること」「人の道にはずれないこと」「一族が仲良く暮らすこと」を言い含めている。
残された文からは、心が広い女性の姿が想像できる。
その貞明公主は1685年に亡くなっている。
享年は82歳。朝鮮王朝の数多い王女の中でも特別なほど長寿であった。




弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)はわずか8歳で光海君(クァンヘグン)の一派に殺されている。
そんな弟の分まで貞明公主はしっかり生きたのである。

(終わり)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)7「悪化する立場」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)8「苦労の連続」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)9「絢爛たる生活」

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る