朝鮮王朝の無念の五大国王

 

政治の実権を持てなかった2人

◆純祖(スンジョ)
〔1790~1834年〕
23代王。在位は1800~1834年。父の22代王・正祖(チョンジョ)が亡くなったあとに10歳で即位したために、21代王・英祖(ヨンジョ)の継妃だった貞純(チョンスン)王后が代理で政治を仕切った。その後も正妻の純元(スヌォン)王后の実家である安東(アンドン)・金(キム)氏の一族に政治の実権を握られてしまった。そのあたりの不甲斐なさは『雲が描いた月明り』でも描かれていた。

◆憲宗(ホンジョン)
〔1827~1849年〕
24代王。在位は1834~1849年。父の孝明(ヒョミョン)世子は23代王・純祖(スンジョ)の息子で“名君の素質あり”と評価が高かったが21歳で早世してしまった。




代わって憲宗が純祖の後を継いだのだが、わずか7歳であったために祖母の純元(スヌォン)王后が政治を代行した。その後、憲宗は1849年に政治的業績を残せず22歳で急死した。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝の悲劇の五大世子

仁祖(インジョ)はなぜ趙氏(チョシ)をあれほど寵愛したのか

英祖(ヨンジョ)の生涯1/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたのか

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る