慶熙宮(キョンヒグン)/朝鮮王朝王宮探訪5

 

朝鮮王朝の「五大古宮」の中で一番規模が小さいのが慶熙宮(キョンヒグン)です。五大古宮の中では最も西側に位置しています。ここも、歴史に翻弄されて様々な運命をたどっています。

正門の興化門(フンファムン)

正殿に至る崇政門(スンジョンムン)

王朝創設者の威光

現在の慶熙宮がある場所には、もともと朝鮮王朝を創設した李成桂(イ・ソンゲ/初代王・太祖〔テジョ〕)の私邸がありました。王朝創設者の威光は絶大で、私邸は聖地のように大切に扱われていたのです。
さらに、15代王・光海君(クァンヘグン)の時代に大々的に改修されて離宮となりました。慶熙宮と呼ばれるようになったのは1760年からで、その後も多くの王族が重宝していたのです。
不運にも1829年に火事にあって大部分を焼失してしまいますが、1831年に再建されています。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1

朝鮮王朝の建国!激動の朝鮮王朝史1

朝鮮王朝の年表1〔1392-1446年〕

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る