孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

 

朝鮮王朝の国王の正式な後継者のことを「世子(セジャ)」と言う。『雲が描いた月明り』の主人公だった孝明(ヒョミョン)世子が有名だが、この世子はどのように選ばれて、王になるまでにどんな教育を受けて、何歳くらいで結婚するのだろうか。具体的に説明していこう。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

春の吉日に世子が決められた

王の長男が生まれると「元子(ウォンジャ)」という王位継承の筆頭候補になる。
その元子の養育と保護のために王宮内に保養庁が作られる。元子は次世代の支配者であるため、この保養庁の責任官にあたる輔養官になるのは光栄なことであり、同時に政治的にも重要な地位を占めるようになった。




輔養官が元子に会う日には5人の輩童(同じ年ごろの子)をつれて行った。元子が孤立しないためであった。
こうして輔養官は10日または15日に一度元子に会った。
元子が成長して字を学べる頃になると保養庁は講学庁に変わる。元子は朝講、昼講、夕講と、1日に3回の学習を受けた。
この元子が成長して適切な年齢(5歳から10歳くらい)になると、いよいよ王位の正統継承者である「世子(セジャ)」に任命される。この決定は大臣たちの要請によって始まる。元子の年齢と学問が世子にふさわしいという点が強調され、王は春の吉日を選んで世継ぎを決める。(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(孝明〔ヒョミョン〕世子編)

https://goo.gl/n6sNgW

『雲が描いた月明かり』の主人公・孝明(ヒョミョン)世子とは?

https://goo.gl/zSDXpq

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

https://goo.gl/ZWrUQJ




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る