イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

 

早世したために歴史上でもあまり知られていなかった孝明(ヒョミョン)世子。しかし、『雲が描いた月明り』が大ヒットし、その主人公として現代韓国でも有名になった。果たして、どんな人物だったのだろうか。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

10歳で嫁を迎えた

名君と呼ばれた22代王・正祖(チョンジョ)が1800年に世を去ると、息子の純祖(スンジョ)が10歳で23代王に即位した。
彼の正室が純元(スヌォン)王后である。




この女性は大変な活動家で、純祖の性格がおとなしいことを利用して、自分の実家の一族である安東・金氏(アンドン・キムシ)をどんどん重職につけた。
こうして安東・金氏が朝鮮王朝の政治を牛耳るようになると、純祖もようやく妻の実家を牽制するようになり、具体的な行動に出た。
それは10歳だった息子の孝明世子の正室に豊壌・趙氏(プンヤン・チョシ)の一族の娘を迎えることだった。
つまり、豊壌・趙氏を重用して安東・金氏に対抗させようとしたのだ。(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

https://goo.gl/8FgBBy

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

淑儀(スギ)や昭容(ソヨン)や貴人(キイン)は何?/側室の品階について



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る