〔物語〕イ・ヨン(孝明世子)の父の純祖(スンジョ)は誰?

 

『雲が描いた月明かり』では、世子のイ・ヨンの父である国王の純祖(スンジョ)が、官僚たちに言いように政治を仕切られてしまうという無力ぶりが目立っていた。果たして、実際の純祖はどのような王であったのだろうか。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

名君だった父の後を継いだが……

1800年に正祖(チョンジョ)が48歳で亡くなったあと、彼の10歳の息子が23代王として即位した。
それが純祖(スンジョ)である。
正祖は名君としてあまりに有名だった。その素質を受け継いでいるので、純祖も最高権力者として大いに期待された。




しかし、即位当時は未成年だったので、王族の最長老女性であった貞純(チョンスン)王后が代理で政治を取り仕切った。
この貞純王后は21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正妻であった。
貞純王后は自分の側近たちで要職を独占し、正祖が進めた改革をことごとくつぶしてしまった。
しかも、自分の敵対勢力に天主教(カトリック)の信者が多いという理由で、天主教徒の大虐殺を行なった。
まさに悪の女帝であった。(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(孝明〔ヒョミョン〕世子編)

https://goo.gl/n6sNgW

『雲が描いた月明かり』の主人公・孝明(ヒョミョン)世子とは?

https://goo.gl/zSDXpq

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

https://goo.gl/ZWrUQJ



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る