〔物語〕もし光海君(クァンヘグン)が現代に甦ったら何を語る?

 

光海君(クァンヘグン)とは誰か?
生没年は1575年~1641年。14代王・宣祖(ソンジョ)の息子として生まれ、1608年に15代王として即位した。巧みな外交と減税政策で、王としての功績は大きかったのだが、1623年に仁祖(インジョ)が主導したクーデターによって王宮を追われ、1641年に流罪先の済州島(チェジュド)で世を去った。

光海君は1641年に済州島で亡くなったのだが……

油断がいけなかった

光海君に会った。
彼は、済州島(チェジュド)の朝天(チョチョン)の海辺で悠然と釣りをしていた。その姿は、国王であった当時の威厳をそのまま保っているかのようだった。そばに寄って「釣れていますか?」と尋ねたら、ゆっくりと首を振ってこう言った。
「魚をとるために釣りをしているわけではない。考えごとをするには、釣りが一番いいんだ」
その言葉を聞いて気になった。400年近くにわたって、いったい何を考えているというのだろうか。




「最近になって、あなたの評価がガラリと変わりました。暴君と呼ばれていたのに、今では名君だったという声すらあります」
そう声をかけると、ニコリと笑った。
「これもみんな時代劇のおかげだよ。特にイ・ビョンホンが主演した『王になった男』は、私のことをよく描いてくれていた。少しでも悪名を正すことができれば、こんなうれしいことはない」
「クーデターで王宮を追われていますから、そのことが悔やまれてならないでしょう」
「油断しすぎていたのがいけなかった。まさか、出来の悪い綾陽君(ヌンヤングン/後の16代王・仁祖)が、用意周到にクーデターを準備しているとは思わなかった」
そう言うと、光海君は小さな溜息をもらした。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄の臨海君(イメグン)をさしおいて王になれたか?

光海君(クァンヘグン)の廃位!激動の朝鮮王朝史7



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る