光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

その後の18年間

結局、息子夫婦は自決せざるを得なくなってしまったのである。
このことによって、柳氏は絶望して慟哭(どうこく)した。やがて、彼女は首をくくって死んでしまった。
ただし、病気で亡くなったという説もある。
このように、最期の状況がはっきりしないほど柳氏の死は謎めいていた。
たった1人になってしまった光海君。その後、彼は済州島(チェジュド)に流されてしまった。
済州島と言えば、極悪人が島流しにあう最果ての地である。そんなところまで島流しにあったことで、光海君の絶望は深まった。
「ご在位のとき、良からぬ家臣に惑わされなければ……」
そう言って島の役人は光海君をなぐさめた。




確かに、島での生活は屈辱であった。
しかし、意外に水と空気が合ったようで、光海君は1641年まで生き続けた。
享年は66歳だった。
クーデターで追放されてから18年間も生き延びたのである。
同じく廃位となった燕山君が島流しになってわずか2カ月で急死したのとは、大きな違いがあった。
光海君の国王としての統治能力は見直されている。「政治的には名君だったのでは?」という声も起きている。
歴史的に評価を高めていることを死後の光海君に教えてあげたいのだが……。

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る