朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

医女の名はチャングム

本来なら、中宗が拒否すればいいだけの話だ。彼は王なのである。
しかし、気が弱い中宗は拒むことができず、愛する端敬王后を離縁した。結局、かつがれて王になった中宗は、クーデターを成功させた重臣に逆らえなかったのだ。
そこが、みこしに乗せられた王の弱さだった。
愛妻を実家に帰した中宗は、二番目の正妻として16歳の章敬(チャンギョン)王后を迎えた。
彼女は24歳だった1515年に中宗の最初の王子(12代王の仁宗〔インジョン〕)を産んだが、出産直後に亡くなってしまった。




やむなく、中宗は1517年にまだ16歳だった文定(ムンジョン)王后を三番目の正妻として迎えた。
彼女こそが後に仁宗を毒殺した疑いが強い悪女である。
結局、中宗の治世は38年に及んだ。文定王后の暴走を許したという意味では彼にも責任があるが、やはり青天の霹靂(へきれき)で王になった人であり、強い意志をもって政治に取り組む性格ではなかった。
中宗は1544年に56歳で世を去った。それまで彼を献身的に診察したのが医女の長今(チャングム)である。彼女を主人公にしたドラマ(『宮廷女官 チャングムの誓い』)が2003年に韓国で放送されて人気となり、今ではその医女の名を知らない人がいないほど有名である。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供:「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

中宗(チュンジョン)と燕山君(ヨンサングン)の異母兄弟同士の確執!

中宗(チュンジョン)が燕山君(ヨンサングン)に代わって王になった日!

文定(ムンジョン)王后が継母だったことが仁宗(インジョン)の悲劇!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る