光海君は廃位になるほどの悪政をしたのか?

 

1623年、仁祖(インジョ)がクーデターを起こして光海君を王宮から追い出すとき、光海君の悪政として4つの点を糾弾した。果たして、その4つは正当な根拠があると言えるのだろうか。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

骨肉の争いには前例があった

仁祖が光海君を糾弾した際の4点とは以下のとおりだ。
1.兄弟たちを殺した
2.多くの土木工事を行なって民衆の負担を大きくした
3.中国大陸の明に対して背信行為をして、後金と密通した
4.継母である仁穆(インモク)王后を幽閉した
果たして、4つの糾弾には根拠があるのかどうか。




1つずつ具体的に見ていこう。
王位継承をめぐって親族を殺したのは、光海君が最初ではない。3代王・太宗(テジョン)と7代王・世祖(セジョ)も骨肉の争いの中で兄弟を何人も殺害している。しかし、彼らは罪に問われず死ぬまで王であり続けた。
光海君だけを糾弾するのは酷だ。
次に土木工事について。
国土は朝鮮出兵のときに荒廃しており、その復興を果たす必要があった。なにしろ、王ですら満足に住む王宮がなかったのだから。(ページ2に続く)

これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)!統治能力の違いは?

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

廃位となった光海君(クァンヘグン)の最期の地は済州島だった!



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る