2人の悪女!文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

 

NHKの総合テレビで放送の『オクニョ 運命の女(ひと)』。このドラマには、文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が登場する。この2人は歴史的にも悪女として有名だが、共謀して起こした事件が「灼鼠(しゃくそ)の変」だった。

12歳の誕生日

それは、1527年のことだった。
そのときの国王は11代王・中宗(チュンジョン)だった。
彼は優柔不断な王で、政治に主体性を発揮できなかった。
それをいいことに、好き放題に動いたのが文定王后だった。彼女が手先の鄭蘭貞を使って起こしたのが「灼鼠(しゃくそ)の変」だ。





当時の世子(セジャ/王の正式な後継者)は、中宗の二番目の正室が産んだ王子だ。世子の実母はすでに他界していて、中宗の三番目の正室だった文定王后が世子の継母におさまっていた。
不吉な事件は、世子が12歳の誕生日を迎えたときに起こった。なんと、東宮(王宮の一部で世子が住んでいる)の庭にあった大木の枝に、焼かれたネズミの死骸が掛かっていたのである。それは、東宮だけではなかった。
大殿(王の居室)の近くでも、焼かれたネズミの死骸が発見された。
この仕業には、どんな意味があったのか。
(ページ2に続く)

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(文定王后編)

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る