非道な王位強奪を強行した世祖(セジョ)/朝鮮王朝人物実録10

早世した2人の息子

世宗時代からの忠臣の間では、端宗の復位を狙う動きが起こった。
しかし、世祖はこの動きを力づくで抑えつけた。その際には、むごたらしい血が数多く流された。
端宗が生きていては安心できない、と感じた世祖は、端宗を流刑にしたうえで死薬を与えて殺した。
端宗はまだ16歳だった。
聖君と崇められる世宗の二男が、これほどの非道を繰り返したのだ。王位継承をめぐる王族の争いは、初期の朝鮮王朝の汚点だった。
世祖の治世は1468年まで13年間続いた。
彼は王朝の基本法典の制定に功績があり、王権の強化という面でも実力を発揮した。
しかし、晩年の世祖は妄想に苦しめられたという。長男が19歳で夭逝したことも世祖にとって痛手だった。ちなみに、世祖の後を継いで8代王になった二男も19歳の若さで亡くなっている。




「息子が2人とも早死にしている。祟(たた)りだ!」
庶民たちはそう言った。
後世から見れば、世祖は評判の悪い王であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供:「ロコレ」

決起した首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)は何をしたか

安平大君(アンピョンデグン)を死罪にして首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)が即位!

不滅の恋人』のイ・フィこと安平大君(アンピョンデグン)は誰なのか

首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)はなぜ政変を起こしたのか

王位が危うくなった端宗(タンジョン)は首陽大君(スヤンデグン)を牽制した!

悲劇的な6代王・端宗(タンジョン)/朝鮮王朝国王列伝6




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る