激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)4「光海君への恨み」

 

永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺された上に、西宮(ソグン)に幽閉された仁穆(インモク)王后と貞明公主。悲しみのどん底に突き落とされた2人にとって、ついに恨みを晴らす日がやってきた。光海君(クァンヘグン)の王位に対するクーデターが起こったのである。

王の座を脅かす人物

光海君に強い恨みを持っていたのは、仁穆王后と貞明公主だけではなかった。14代王・宣祖(ソンジョ)の孫であった綾陽君(ヌンヤングン)も、光海君のことを強く恨んでいた。
この綾陽君は、光海君の甥であった。彼はなぜ光海君に恨みを抱いたのか。それは、最愛の弟を殺されたからである。
その背景を見てみよう。
光海君は宣祖の二男であったが、五男にあたるのが定遠君(チョンウォングン)である。この定遠君には綾昌君(ヌンチャングン)という優秀な息子がいた。しかし、あまりに頭が良すぎるがゆえに、光海君の一派から「王の座を脅かす人物」と警戒され、謀反(むほん)の罪を捏造された末に処刑されてしまった。




父の定遠君は最愛の息子を失って絶望の中で世を去った。親族の悲劇に直面し、強い復讐心を燃え上がらせたのが、綾昌君の実兄の綾陽君だったのである。
(ページ2に続く)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)5「仁穆王后の主張」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)6「20歳での結婚」

7男1女を育て82歳まで生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)の人生!




ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る