激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)9「絢爛たる生活」

とてつもない地主

貞明公主をさんざん冷遇した仁祖が世を去ったのは1649年である。
享年54歳だった。
王位を継いだのは二男の鳳林(ポンニム)で、彼が17代王の孝宗(ヒョジョン)として即位した。
以後、朝鮮王朝は孝宗、18代王・顕宗(ヒョンジョン)、19代王・粛宗(スクチョン)と王位が移っていくが、王族の長老女性として貞明公主は歴代王から丁重な待遇を受けた。仁祖の時代とはまったく逆になったのだ。
特に、貞明公主が絢爛(けんらん)たる生活を送れたのは、彼女が大変な地主であったからだ。
貞明公主は都に広大な屋敷を所有していたが、その他に慶尚道(キョンサンド)と全羅道(チョルラド)にとてつもない土地を所有していた。




たとえば、貞明公主が慶尚道に持っていた土地は、現在の土地の測り方に換算すると、5000万坪にのぼったという。
この広さを想像できるだろうか。
(ページ4に続く)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)7「悪化する立場」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)8「苦労の連続」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)10「翻弄された人生」




ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る