張緑水(チャン・ノクス)の誘惑!

 

貧しい家の出身だった張緑水(チャン・ノクス)は、王族の屋敷で働く奴婢(ぬひ)と結婚して息子も産んでいた。しかし、夫と息子を置いて家出して妓生(キセン)となった。成り上がりたい、という自らの欲望を叶えるためだった。

12VrGzKsdBUq_dn1498545010_1498545070

怪しげな魔法を使ったのか

張緑水には、不思議なほど妖艶な色気があったようだ。
妓生になった張緑水は30歳を過ぎていたが、10代に間違えられることもあったという。朝鮮王朝10代王の燕山君(ヨンサングン)は、そんな張緑水が気に入って、さっそく宮中に招き入れた。
ほどなく張緑水は燕山君の側室となった。果たして、張緑水はどんな魔法を使ったというのだろうか。




なにしろ、最下層の身分だった女性が、中央集権王朝の頂点に君臨する国王を籠絡したのである。そんな状況は、怪しげな魔法を使ったとしか説明ができない。
(ページ2に続く)

憎まれすぎた悪女の張緑水(チャン・ノクス)/朝鮮王朝人物実録8

燕山君(ヨンサングン)の側室だった張緑水(チャン・ノクス)の最期は?

逆上した燕山君(ヨンサングン)

正史『朝鮮王朝実録』で極端に悪く書かれた燕山君(ヨンサングン)!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る