世祖(セジョ)はなぜ朝鮮王朝でも評判が悪いのか

利益を求めて集まってきた者たち

確かに、国が侵略を受けたときに命をかけて戦った人たちを称えるのは国家の義務だ。しかし、政権奪取に寄与したとして多くの者を功臣にすると、そこで問題が生じるのは自明の理だ。
何よりも、法よりも上の存在になった功臣たちは、図に乗って社会の安定に害を及ぼすことがよくあった。
それでも世祖が功臣たちを捨てられなかったのは、彼ら以外に頼れる者がいなかったからであろう。正統性の欠けた世祖は既存の勢力からの支持を得られなかったのだ。当然、自分のために集まった人を頼るしかなかった。
しかし、世祖のために集まった者というのは名分、価値観、哲学に従ってきた者たちではない。彼らが動いた理由は、そこに利益があるからだ。それゆえ、彼らを引き止めておくには、それ相応の利益を与え続けなければならなかった。




そうして功臣たちに次々と与えた特権が、数々の蛮行を招いた。そして、彼ら功臣たちの特権は後代まで世襲され、王権まで脅かすことになってしまった。
(ページ3に続く)

非道な王位強奪を強行した世祖(セジョ)/朝鮮王朝人物実録10

決起した首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)は何をしたか

首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)はなぜ政変を起こしたのか

安平大君(アンピョンデグン)を死罪にして首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)が即位!

王位が危うくなった端宗(タンジョン)は首陽大君(スヤンデグン)を牽制した!




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る