極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

身内だけで政治を独占

文定王后の息子は13代王・明宗(ミョンジョン)として即位した。
しかし、明宗は12歳と幼く、文定王后は政治を代行した。
彼女は身内だけで政治を独占した。朝鮮王朝は彼女の意のままになったのだ。
こうした政治体制は、明宗が20歳を超えても変わらなかった。




明宗も母の横暴なやり方を止めようとしたが、完全に権力を掌握されていたためにできなかった。
明宗は母の暴政に何度も涙したといわれている。
1565年、文定王后は64歳でこの世を去った。明宗はようやく自ら政治を行なえる立場になった。
しかし、母の暴政の心労がたたってか、2年後にわずか34歳で世を去った。
息子の国王の命を縮めたのは、母の文定王后かもしれない。

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

ホン・ラオンの父と設定された洪景来(ホン・ギョンネ)は誰か?

〔物語〕イ・ヨン(孝明世子)はどのように亡くなったのか

性悪の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝悪女列伝4

 




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る