黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

徐敬徳との出会い

黄真伊を妾にしようとする男は大勢いたが、彼女はそういった男たちの誘いをことごとく断り続けた。男尊女卑の朝鮮王朝において、これほど男たちを手玉にとったのは、彼女くらいだろう。
多くの男を“とりこ”にした黄真伊だが、1人だけ彼女の魅力に屈しなかった人物がいる。それが、当時最高の儒学者であった徐敬徳(ソ・ギョンドク)だ。




彼は黄真伊がいくら誘惑しても、少しも動じなかった。逆に、深い知識と落ち着いた雰囲気に、黄真伊のほうが心酔していった。そして、彼女は徐敬徳に弟子入りして、儒学を学び始めた。
尊敬していた徐敬徳から様々なことを学んだ黄真伊は、妓生でありながら一流の儒学者にまで成長した。
黄真伊は、それだけの美貌と知識を持っていたのだから、本来ならもっと明るい人生を歩んでいたかもしれない。本当に彼女に関する史料が残っていないのが惜しまれる。

王の顔を引っかいた廃妃・尹氏(ユンシ)/朝鮮王朝悪女列伝1

極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る