敬恵(キョンヘ)王女/朝鮮王朝美女物語3

朝鮮王朝5代王・文宗(ムンジョン)の娘である敬恵(キョンへ)王女は、朝鮮王朝の歴史上“最も美しい王女”と言われた女性だ。王族の娘は、10代半ばになると嫁に行かなければならず、敬恵王女は、名門出身のエリート・鄭悰(チョンジョン)の妻になった。そんな彼女を襲った悲劇とは、何なのでしょうか?

幸せな生活が一変

本来、王族の女性は結婚したら王宮の外に出なければならない。しかし、娘を可愛がっていた父親の文宗が、王宮の側に立派な屋敷を建てて、敬恵王女と鄭悰はそこに住むことになった。
1452年、文宗が38歳で病死すると、敬恵王女の6歳年下の弟が6代王・端宗(タンジョン)として即位した。まだ11歳と幼い端宗は、姉を頼りにして、宮中で心細くなると敬恵王女の家を訪ねていた。端宗は、その姉の家を臨時の王宮に指定している。




幸せな生活を送る敬恵王女だが、その立場は次第に苦しくなっていく。文宗の弟の首陽大君(スヤンデグン)が、端宗から王位を奪おうとしていた。首陽大君は、端宗を守る高官たちを次々に殺害して王朝の実権を握り、端宗は形だけの王になってしまう。
端宗を擁護する忠臣の中には鄭悰もいた。首陽大君は、鄭悰が敬恵王女の夫であろうとも歯向かう者は容赦せず、都から追放してしまう。こうして、自身の邪魔になる人物を徹底的に処罰した首陽大君は、1455年に7代王・世祖(セジョ)として即位した。(ページ2に続く)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2

非道な王位強奪事件!激動の朝鮮王朝史4



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る