宗廟(チョンミョ)/朝鮮王朝王宮探訪6

 

宗廟(チョンミョ)は正確に言うと王宮ではありません。しかし、ある意味では王宮以上に重要な場所でした。なぜなら、ここには朝鮮王朝の歴代の王と王妃の位牌が丁重に祀られているからなのです。

とにかく正殿(チョンジョン)の建物は長い

この建物の中に王と王妃の位牌が置かれている




世界最長級の木造建築物

宗廟の歴史は古く、朝鮮王朝の創設直後、正宮の景福宮(キョンボックン)とほぼ同時に建てられており、この施設は王族の威厳を内外に示すだけではなく、国の平穏を願って自然を尊ぶという意味を持っていました。そのために、宗廟は森に囲まれた静寂な場所につくられたのです。
祀られている王と王妃の位牌は、正殿(チョンジョン)と永寧殿(ヨンニョンジョン)に分けて保管されています。この2つの建物は、位牌が増えるたびに増築を繰り返したために、非常に横長になっているのです。正殿に至っては全長が101メートルもあり、単一の木造建築物としては世界最長級と言われています。(ページ2に続く)

朝鮮王朝の年表1〔1392-1446年〕

朝鮮王朝の建国!激動の朝鮮王朝史1

朝鮮王朝実録を読む1/「王子の乱」と「ハングルの公布」



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る