〔物語〕イ・ヨン/孝明世子の実母の純元(スヌォン)王后は誰?

 

『雲が描いた月明り』では世子のイ・ヨンの生母は死んだことになっていたが、実際の母は純元(スヌォン)王后と言って、19世紀前半の朝鮮王朝で女帝のようにふるまった怪女であった。果たして、どんな女性だったのだろうか。

勢道政治が始まる

純元王后は1789年に生まれた。
夫は朝鮮王朝の23代王の純祖(スンジョ)である。
純元王后は純祖との間に1男4女をもうけていて、その長男がイ・ヨンこと孝明世子だった。




純祖は1800年に10歳で即位したが、純元王后は1歳下で性格が穏やかな純祖に積極的に働きかけて、父の金祖淳(キム・ジョスン)を政治の補佐役に押し上げた。ここから安東(アンドン)・金氏の一族による勢道政治が始まった。
この勢道政治というのは、王の外戚(主に王妃の親族)が我がもの顔に政治を動かすことをさしている。
金祖淳を中心とする安東・金氏の一族は政権の要職を独占して反対派を粛清し、自分たちに都合がいいように法律と制度を変えてしまった。(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

https://goo.gl/8FgBBy

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る