〔物語〕イ・ヨン/孝明世子の実母の純元(スヌォン)王后は誰?

王族の末端の若者が即位

憲宗はわずか7歳で即位したために、代理で政治を行なう人が必要になった。その大役をまかされたのが純元王后だった。
絶大な権限を握った純元王后。実家の安東・金氏の一族をさらに重用したことは言うまでもない。
さらに女帝として強権を発したのは、1849年に憲宗が22歳で早世したときだった。憲宗には息子がおらず、まだ後継者が決まっていなかったが、純元王后は自分の一族に有利なように、王族の末端の若者を探し出してきて王として即位させた。




それが25代王の哲宗(チョルチョン)である。
彼は漢字も満足に読めないような青年だったが、純元王后はあえて無学な王族を王にして、自分が裏で糸を引いた。
権力をほしいままにした純元王后は、1857年に68歳で亡くなった。
実家の一族に栄光と莫大な資産をもたらしたが、それによって朝鮮王朝の政治が腐敗したことは間違いない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

https://goo.gl/8FgBBy

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る