聖君の4代王・世宗(セジョン)/朝鮮王朝国王列伝4

 

生没年/1397年~1450年
在位/1418年~1450年

期待を一身に集めて王になった世宗。幼い頃から聡明で本を読むことを好んだ彼は、朝鮮王朝独自の文字「訓民正音(フンミンジョンウム)」を創製した王として有名だ。

写真=植村誠



世宗と学者の絆

世宗は臣下に発言の自由を与え、いい意見には積極的に耳を傾けていった。また、身分が低くても能力があれば登用した。
こうした人材活用は庶民の向学心に繋がり、世宗の下には有能な臣下が集まるようになった。世宗はその中でも優秀な学者たちを集賢殿(チッピョンジョン/研究の場所)に集め、生活を保障して研究に励めるようにした。このおかげで、世宗と集賢殿の学者たちの絆は、とても強固なものとなった。





そうした信頼感を表す逸話がある。
ある冬の日、寝る前に集賢殿の様子を見る習慣があった世宗は、いつものように集賢殿に足を運んだ。そこでは、深夜にも関わらず灯りがついていて、熱心な学者が本を読み続けていた。(ページ2に続く)

朝鮮王朝を建国した初代王・太祖(テジョ)〔李成桂(イ・ソンゲ)〕/朝鮮王朝国王列伝1

弟の力を恐れた2代王・定宗(チョンジョン)/朝鮮王朝国王列伝2

最強の3代王・太宗(テジョン)〔李芳遠(イ・バンウォン)〕/朝鮮王朝国王列伝3

最強の親子!イ・バンウォン(太宗〔テジョン〕)と世宗(セジョン)

朝鮮王朝の金字塔「ハングルの誕生」



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る