朝鮮王朝を建国した初代王・太祖(テジョ)〔李成桂(イ・ソンゲ)〕/朝鮮王朝国王列伝1

 

生没年/1335年~1408年
在位/1392年~1398年

約518年も続いた朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)。彼の父は高麗(コリョ)の武将として国土防衛の重責を担った。その父は1364年に亡くなり、二男の李成桂がその地位を受け継いだ。

写真=植村誠



高麗の武将だった李成桂

25歳の若さで将軍となった李成桂は、庶民の生活を脅かす盗賊や、朝鮮半島沿岸を荒らす倭寇を掃討することで大きな戦績をあげた。人々は彼の大きなからだと耳を見て、尊敬と畏怖の感情を込めて「大耳将軍」と呼んだ。
そんな李成桂には一つの逸話が残されている。
それは李成桂が妻の実家に挨拶に向かったときのことだ。出発の遅れた彼は、日が暮れてしまい、小さな寺で一晩過ごすことになった。彼はそこで奇妙な夢を見る。
夢の中で李成桂は崩れかけた古い家の中にいた。彼が中でくつろいでいると、家は突如壊れていく。李成桂はその家から逃げ出すとき、3本の柱を背負っていた。




夢の中の出来事だったが、妙に気になった李成桂は、無学(ムハク)大師という名僧に、夢占いをお願いした。(ページ2に続く)

〔物語〕イ・ソンゲ(李成桂)の人生!朝鮮王朝の初代王

イ・ソンゲ/李成桂が行なった歴史的な「威化島回軍」

イ・ソンゲ(李成桂)とイ・バンウォン(李芳遠)!朝鮮王朝を作った親子の確執

景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る