『オクニョ』の舞台となった「典獄署(チョノクソ)」はどんな役所?

監獄に入っていた人は?

朝鮮王朝時代、刑罰には5種類があった。
刑が重い順に言うと、死(サ/死刑のこと)、流(ユ/遠方に流罪にする刑)、徒(ト/つらい重労働をさせる刑)、杖(チャン/杖で叩く刑)、笞(テ/笞で打つ刑)であった。
朝鮮王朝の基本法典である「経国大典」によると、5種類の刑罰の判決期日は次のようになっていた。




「死」……30日以内
「流」と「徒」……20日以内
「杖」と「笞」……10日以内
以上のように、一番重い死罪の者でも30日以内に判決が下りて刑が執行されてしまったのだ。
なお、刑罰の中で「笞」に該当する者は収監されることはなかった。つまり、典獄署の監獄に入っていたのは「杖」以上の重罪に問われていた者たちなのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

2人の悪女!文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の哀れな末路は何を物語るのか

鬼のような文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝人物実録6

文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)を不幸にした!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る