仁祖(インジョ)の屈辱を象徴する三田渡(サムジョンド)の碑!

後ろから見た三田渡の碑

三田渡の碑の案内板

埋めたり掘り返したり

碑の表側の左にモンゴル文字、右に満州文字、裏側には漢字が刻まれている。
これだけの文字が刻まれているので、碑は17世紀における3つの言語を研究するうえで重要な第一級の史料となっている。
1895年、日清戦争で清は日本に敗北して朝鮮半島での影響力を失った。
当時の朝鮮王朝を統治していた26代王・高宗(コジョン)は、碑文の屈辱的な内容に我慢できなかった。




そこで、碑を地面に埋めるように王命を発した。
しかし、植民地時代の1913年に日本の指示で掘り返された。
さらに、1956年には文教省の指導によって再び石碑は地面に埋められた。
このあたりは、石碑の扱いがめまぐるしく変わっている。
結局、碑は1963年に洪水が起こったときに再び地面に姿を現したので、最終的に史跡第101号に指定された。
2010年、石碑は本来あった位置に最も近い場所に移設されるようになり、現在に至っている。
その場所はソウルの蚕室(チャムシル)で、ロッテワールドの近くである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1

仁祖(インジョ)はなぜ趙氏(チョシ)をあれほど寵愛したのか

光海君(クァンヘグン)の廃位!激動の朝鮮王朝史7

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

仁祖(インジョ)が昭顕(ソヒョン)世子の命を奪ったのか?

仁祖(インジョ)の狡猾な性格が貞明(チョンミョン)公主を追い詰めた!




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る