『イニョプの道』はどんな時代を描いたのか

 

韓国時代劇でよく見られるストーリーの王道は、「高貴な生まれなのだが、陰謀に巻き込まれて没落。苦境の中から必死に這い上がって怨みを晴らす」というもの。『イニョプの道』もこの王道をしっかり踏襲している。

1b6f683e926a5205890924c3a5f09ac8[1]

後半になるほど面白いドラマ

『イニョプの道』は韓国時代劇が得意とする「転落」「陰謀」「復讐」がテンコ盛りになっている。「ああ、またか」と思うか、「やっぱりコレに尽きる」とはまるか。
それだけは、実際に見てみないとわからない。ただ、すでにこのドラマを見た人たちは「後半になればなるほど面白い」と口をそろえる。
ストーリーのあらましを見てみよう。
舞台は15世紀初頭。高麗王朝が滅んで朝鮮王朝になってからまだ間がない頃である。良家の娘イニョプは裕福な暮らしを享受していたが、名家の御曹司ウンギと婚礼の日に、天国から地獄に落とされる。




イニョプの父が陰謀に巻き込まれて逆賊として処刑され、イニョプは奴婢(最下層の身分)にさせられてしまうのだ。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)の生涯1/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたのか

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

仁祖(インジョ)はなぜ趙氏(チョシ)をあれほど寵愛したのか

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

英祖(ヨンジョ)の生涯4/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたか



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る